La Grande Porte

音楽とか映像とか、いろいろ雑文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logic Pro 9発表

Flextime1.jpg Flextime2.jpg

Logic Pro 9が発表されましたね。
新機能の目玉はビンテージ&モダンアンプヘッド+スピーカーキャビネットをシミュレートしたAmp Designerとコンパクトエフェクター/ペダルをシミュレートしたPedalboardという2つのプラグインみたいだけど、個人的にはFlex Timeというオーディオ編集機能がとても楽しみです。

Flex Timeというのは、オーディオを自動的にスライスして非破壊で発音タイミングやテンポ、クォンタイズを編集できるというもののようです。ProToolsではエラスティックタイム機能、Cubaseではオーディオワープ機能としてすでに実現されていたもので、今までのLogicではオーディオ編集でちょっとイラつくことがあったんだけど、これでそのストレスから開放されそうです。
うちらのバンドみたいに生ドラムをパラで録って編集するときなんかには、かなり重宝するんじゃないかと。

ちなみに以下のアメリカのアップルのサイトのページの真ん中ぐらいにある「Editing in Logic Pro 9」のところにある「See Flex Time in action」のリンクでFlex Timeの操作のムービーが見られます(そのうち、日本のアップルのサイトでも見られるようになると思うけど)。
http://www.apple.com/logicstudio/logicpro/

Logic Pro 9は、インテルMacのみ対応だそうな。新しいiMac買っておいてよかったよ。オレGJ!

コメント

あれれ、まだ8を買ったばかりのような気がしていたのに、もう9が(>_<)

>Flex Time
これ、超便利そうですねー! ボーカルのテンポ修正なんかにも使えるのかな。
Macも1台買い替えそうと思ってたところだったのだよなー…むー。でもアップグレードしちゃいそう…

アップルのサイトのムービーを見ると、Flex Toolを使うとリージョンを切らずにタイミングの修正をできるみたいですね。テンポ合わせも、アップルのプレスリリースには
「Flex Timeでは、録音済みのトラックをテンポの異なる別のLogicプロジェク
ト間で移動してテンポを合わせることもできます。」
とわざわざ書いてあるので、今までのストレッチ機能以上のものなんじゃないでしょうか(変更後のオーディオ品質も上がってるといいんだけど)。

LogicがProToolsやCubaseより遅れていたのがこの部分なので、かなり期待してます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://grandport.blog44.fc2.com/tb.php/49-9c157855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

GrandPort

Author:GrandPort
1人で音楽を作ったり、バンド(Guppy and the Droppings)でキーボードを弾いたりしています。曲はGBUCなどで聴けます(下記リンクからどうぞ)。
またの名を、ぐらぽんP。

kiriho(at)gmail.com






    follow me on Twitter


    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (0)
    動画 (27)
    日記 (24)
    携帯 (1)
    写真 (0)
    SONG (5)
    音楽 (6)
    グッピーズ (2)

    最新トラックバック

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。