La Grande Porte

音楽とか映像とか、いろいろ雑文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語る瞳

ジョン・エヴァレット・ミレイ展(Bunkamuraザ・ミュージアム)に行った。
ミレイは19世紀イギリスを代表するラファエル前派の画家として、戯曲「ハムレット」のヒロインの死を主題にした「オフィーリア」が知られるが、これは20代前半に描いたものだ。その後、彼は主題を持たない唯美主義的な作品、物語性を持ちつつ観る者に解釈を委ねるプロブレムピクチャー、上流階級の名士の肖像画、ファンシーピクチャーと呼ばれる風俗画、スコットランドの風景画と多くの作風の絵画を残しているのだが、今回は日本初の大規模ミレイ回顧展ということでそれらをまとめて観ることができたのが大きな収穫だった。

Bunkamuraザ・ミュージアム

とりわけ印象的だったのが、描かれた人物の瞳だ。「木こりの娘」での名士の息子からラズベリーを差し出されたときの、木こりの娘の身分違いを越えてもたらされた喜びを表す表情とともに、将来の悲劇を暗示させる暗く描かれた瞳。あるいは「ローリーの少年時代」での、船乗りの冒険譚に夢を膨らませる少年の瞳など、それぞれの人物の物語が自分の中に流れ込んでくるかのような錯覚に囚われ何度も涙が出そうになった。

ちなみに「オフィーリア」は、その世界観などを含めてやはり素晴らしい。ただ、展覧会のメインなので全体のコースの4分の1あたりに置かれていて、そこらへんだとみんな観る気満々なので全然人が流れない。みんな疲れて立ち止まらなくなる後ろのほうに置いてくれたらいいのにと思ったり(笑)。
あと、女の子がみんなかわいい!

コメント

二週間くらい前に行ったよ。
名士の肖像画やファンシー系は別として、年代順に並べてあるから、オフィリアがあの辺りに展示されるのは仕方ないすね。
それにしてもあの圧倒的な画力には、驚嘆いたしました。ご指摘の瞳の描き分けや、艶やかな肌、着衣の素材の描き分け(綿、シルク、別珍、スエードなど)なんか写真かよ、とツッコミを入れたくなりましたね。
細部を執拗に描写することによってメチエ全体が狂い、それがPRB一派特有の狂気の世界を作り上げている初期も凄いけど、今回は後期の筆を踊らせて大らかな表現に到達した、後期の作品がたっぷり見れたのは良かったかな。
カタログの印刷の悪さには参った。へったくそな印刷屋使うなよ>とうきゅー

二週間くらい前に行ったよ。
名士の肖像画やファンシー系は別として、年代順に並べてあるから、オフィリアがあの辺りに展示されるのは仕方ないすね。
それにしてもあの圧倒的な画力には、驚嘆いたしました。ご指摘の瞳の描き分けや、微妙な表情、艶やかな肌、着衣の素材の描き分け(綿、シルク、別珍、スエードなど)なんか写真かよ、とツッコミを入れたくなりましたね。
細部を執拗に描写することによってメチエ全体が狂い、それがPRB一派特有の狂気の世界を作り上げている初期も凄いけど、今回は筆を踊らせて大らかな表現に到達した、後期の作品がたっぷり見れたのは良かったかな。
カタログの印刷の悪さには参った。へったくそな印刷屋使うなよ>とうきゅー

井草見さんも行ってましたか。
最初に展示されてた「ギリシア戦士の胸像」のチョーク画が10歳ごろに描かれたものですからね、もうその完成度からしてケタ違いですよ。

カタログはねー(笑)。
「聖ステパノ」では右側の暗い部分にうっすらと弟子たちが描かれてるけど、カタログじゃ1ページ使ってるのに弟子たち全然見えないし(会場でも前にいた人、「どこにいるの?」って隣りの人に聞いてたけどw)。なんか全体に絵が黄茶がかってる感じ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://grandport.blog44.fc2.com/tb.php/15-bbd10234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

GrandPort

Author:GrandPort
1人で音楽を作ったり、バンド(Guppy and the Droppings)でキーボードを弾いたりしています。曲はGBUCなどで聴けます(下記リンクからどうぞ)。
またの名を、ぐらぽんP。

kiriho(at)gmail.com






    follow me on Twitter


    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (0)
    動画 (27)
    日記 (24)
    携帯 (1)
    写真 (0)
    SONG (5)
    音楽 (6)
    グッピーズ (2)

    最新トラックバック

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。